チェス初心者のブログ

インターネットでチェスをやってる初心者です。ときどき、酒、絵画、映画、音楽などの記事もあります。

 
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


予期せぬ答え その2

前述のフィリピンの人との対局は、きっと流れるだろうと思っていたが相手が続きを指してきた。
またまた予期せぬ答えである。

ポーンが浮いてるにもかかわらずキャスリングを実行したので、とりあえず自分が1ポーンアップ。
こちらは即死や駒損にはならなさそうだが、相手が意図してポーンを捨てたのであれば中々大胆な戦略である。

♙♘♗♖♕♔

チーム対抗戦の2局はハンガリーの人。
かなり手強い。
黒番ではあえて早期のクイーン交換に持ち込み、テクニカルな戦い。

♟♞♝♜♛♚

チェス960はアメリカの人と対局中。
相手のミスからのタクティクスでクイーンを始末したが、その後油断してちょっと危ない状況。
しかし優勢はキープしているので落ち着いて指せば大丈夫だろう。


関連記事


Comments

私は、エンディングの勉強を始める以前、チェスを始めたばかりの中学生の頃は、東公平さんの本で読んだダニッシュ・ギャンビットが好きでよく指して、その頃は「ポーン損なんて気にしないぜ!攻め潰してやれや!!」というイケイケ(死語)路線だった(し、級友クラスなら攻め潰せた)んですが、今ではポーン損するだけで嫌になる弱気な人間に変わってしまいました(笑)。

ただ、ポーンダウンよりキャスリングを優先する判断はありかなとも思います。キングを安全にしてからのアタックでポーン損は回復できる、という実現性の高いプランがある場合に限りますが。
今回の相手は早指しが得意そうなので1ポーンくらいどうってことないのかもしれませんね。
オープンファイルができるので展開も早くなりますし。

Leave a Comment


Body

プロフィール

新人 / Private

Author:新人 / Private
2012年4月から「Chess.com」と「playOK」に参戦しました。
♙♘♗♖♕♔
当ブログはリンクフリーです。
♟♞♝♜♛♚
2013年9月からバックギャモンを始めました。

最新トラックバック
 
World Clock
 
 
検索フォーム
 
 
リンク
 
 
定跡ごとの記事

シシリアン・ディフェンス(172)
 ソコリスキー(93)
 ルイ・ロペス(43)
 インディアン・システム(41)
 ダッチ・ディフェンス(31)
 キングズ・インディアン・アタック(31)
 レティ・オープニング(29)
 スカンジナビアン・ディフェンス(27)
 フレンチ・ディフェンス(27)
 パリ・オープニング(22)
 フィリドール・ディフェンス(18)
 フォーナイツ・ゲーム(18)
 イングリッシュ・オープニング(14)
 Vant-Kruijs-Opening(13)
 イングリッシュ・ディフェンス(11)
 ピルツ・ディフェンス(11)
 スミス・モラ(11)
 カロ・カン・ディフェンス(10)
 ベンコー・オープニング(10)
 ジオッコ・ピアノ(9)
 エレファント・ギャンビット(9)
 クイーンズ・ポーン・ゲーム(7)
 バード・オープニング(6)
 クイーンズ・ギャンビット・ディクラインド(6)
 ラルセン・オ-プニング(5)
 モダン・ディフェンス(5)
 ニムゾビッチ・ディフェンス(4)
 アリョーヒン・ディフェンス(4)
 キングズ・ギャンビット(4)
 ルシアン・ゲーム(4)
 イタリアン・ゲーム(3)
 MiesesOpening(3)
 グレコ・ディフェンス(3)
 スリーナイツ・ゲーム(3)
 ダンスト・オープニング(3)
 グロブ・アタック(2)
 HorwitzDefense(2)
 アンデルセン・オープニング(2)
 ネオ・グリュエンフェルド・ディフェンス(2)
 ビショップズ・オープニング(2)
 ラルセン・オープニング(1)
 オープン・ゲーム(1)
 Durkin's・Attack(1)
 イングリッシュ・デイフェンス(1)
 オーウェン・ディフェンス(1)
 スコッチ・オープニング(1)
 キングス・ポーン・ゲーム(1)
 ラトヴィアン・ギャンビット(1)
 ColleSystem(1)
 St.GeorgeDefence(1)
 サラゴサ・オープニング(1)
 ナポレオン・オープニング(1)
 ヴィエナ・ゲーム(1)
 ダミアノ・ディフェンス(1)
 ダニッシュ・ギャンビット(1)
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR