チェス初心者のブログ

インターネットでチェスをやってる初心者です。ときどき、酒、絵画、映画、音楽などの記事もあります。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


激闘!141手

141手に及ぶ長い戦いを制した・・・と言いたいところだが、ちゃんと指せば白勝ち。
しかも途中で何度も3-foldになっている。
ChessGYMのCPU戦には3-foldのルールは無いようである(50手ルールも無いかも)。

白のキングサイド・フィアンケットに対し、黒がクイーンサイドを下手に展開してしまったので、序盤から不利。
なんとか持ちこたえたがエンドゲーム突入時に1ポーンダウンだったし、ポジション的にもキツイ。
39手で1回目の3-foldになっているがその後も超しつこく指しつづけ、105手目で白がついにシビレをキラス。
それでも判定はドローになるのだが、112手目の白のミスで黒勝ちが決定。
しかし、この試合はホントに勝ったと言えるのだろうか、というとやっぱり引分けなのかな。

関連記事


Comments

お疲れ様でしたw
激戦でしたね!
ChessGYM、エンドゲームエクササイズではちゃんと50手ドローも3-foldもあるのに
普通のコンピュータ戦ではないのですか。引き分け狙いの時は気をつけなくてはですね。
せっかく良いサイトなのに、こういう部分で仕様が確立してないのが残念ですね。おかげでドローじゃなくて勝てましたけどw

Leave a Comment


Body

プロフィール

新人 / Private

Author:新人 / Private
2012年4月から「Chess.com」と「playOK」に参戦しました。
♙♘♗♖♕♔
当ブログはリンクフリーです。
♟♞♝♜♛♚
2013年9月からバックギャモンを始めました。

最新トラックバック
 
World Clock
 
 
検索フォーム
 
 
リンク
 
 
定跡ごとの記事

シシリアン・ディフェンス(174)
 ソコリスキー(94)
 ルイ・ロペス(43)
 インディアン・システム(41)
 ダッチ・ディフェンス(31)
 キングズ・インディアン・アタック(31)
 レティ・オープニング(29)
 スカンジナビアン・ディフェンス(27)
 フレンチ・ディフェンス(27)
 パリ・オープニング(23)
 フィリドール・ディフェンス(18)
 フォーナイツ・ゲーム(18)
 イングリッシュ・オープニング(14)
 Vant-Kruijs-Opening(13)
 イングリッシュ・ディフェンス(11)
 ピルツ・ディフェンス(11)
 スミス・モラ(11)
 カロ・カン・ディフェンス(10)
 ベンコー・オープニング(10)
 ジオッコ・ピアノ(9)
 エレファント・ギャンビット(9)
 クイーンズ・ポーン・ゲーム(7)
 バード・オープニング(6)
 クイーンズ・ギャンビット・ディクラインド(6)
 ラルセン・オ-プニング(5)
 モダン・ディフェンス(5)
 ニムゾビッチ・ディフェンス(4)
 アリョーヒン・ディフェンス(4)
 キングズ・ギャンビット(4)
 ルシアン・ゲーム(4)
 イタリアン・ゲーム(3)
 MiesesOpening(3)
 グレコ・ディフェンス(3)
 スリーナイツ・ゲーム(3)
 ダンスト・オープニング(3)
 グロブ・アタック(2)
 HorwitzDefense(2)
 アンデルセン・オープニング(2)
 ネオ・グリュエンフェルド・ディフェンス(2)
 ビショップズ・オープニング(2)
 ラルセン・オープニング(1)
 オープン・ゲーム(1)
 Durkin's・Attack(1)
 イングリッシュ・デイフェンス(1)
 オーウェン・ディフェンス(1)
 スコッチ・オープニング(1)
 キングス・ポーン・ゲーム(1)
 ラトヴィアン・ギャンビット(1)
 ColleSystem(1)
 St.GeorgeDefence(1)
 サラゴサ・オープニング(1)
 ナポレオン・オープニング(1)
 ヴィエナ・ゲーム(1)
 ダミアノ・ディフェンス(1)
 ダニッシュ・ギャンビット(1)
 

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR